読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsucasaがJ-POPを真剣に考える日記

6年前ぐらいまできちんとやっていたJ-POPレビューとかまたここでできたらと思っています。1995年頃以降の打ち込みのトラックが入っているJ-POPならアニメ・男性女性アイドル・K-POP日本語までなんでも聴きます。

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 20~11位

tsucasa私的年間2015

誰ですか?w この発表を終わったと思った方はw

11位 #SELFIE~ONNA Now~/MAX

作詞・作曲:Andrew Taggart、前山田健一
編曲:守屋友晴

#SELFIE ? ONNA Now ?

#SELFIE ? ONNA Now ?

#SELFIE ~ONNA Now~

#SELFIE ~ONNA Now~

  • MAX
  • J-Pop
  • ¥250


MAXは20周年ということで、 REINAさんやAKIさんも入れてライブできたりと特別尽くしでしたが、 とにかく今年もシングルリリースできたよということで。

今回のシングルは 前山田さんのバックアップもあって洋楽カバー第3弾。 前山田さんの即席DTMっぽい”いい意味でチープ”なオケは中毒性高し。

歌詞も前山田さんなのですが、 MAXが「Musical Active eXprience」の略がやっとわかったり、

「幸せは自分で決めるのよ」 「仕事は順調 以下略~(ry」

といったこじらせ女子会を切り取った風景をきちんと描いていて、

まるで前山田さんが【◆◆◆自主規制◆◆◆】のようなカンジがして、中毒性高し。

まるでシャルルのような(誰にも伝わらない

普段地味OLもお局OLも潜在的にある自意識をだしていいじゃない?

的な制作意図があったのにもかかわらず、 結局この曲についてきたのは自意識過剰な(以下自粛

そういえば、MAX、このリリースイベントや20周年のLIVE行ったんでしたw 全シングルやっててアゲでしたw

12位 花開く時/宮脇詩音

作詞:宮脇詩音
作曲:菊池一仁
編曲:久保こーじ

最後のやさしさ / 花開く時

最後のやさしさ / 花開く時

花開く時

花開く時

www.dailymotion.com

いきなり帰ってきたザ・ライバルディーバの「まともな方」宮脇詩音さんです。

再始動する前は、宮脇さんはハウス系の曲を歌っていて、結構スキだったんですよ。

再始動はアルバムだったんですが、星野靖彦さんが曲提供だったりと、

まるでガルネクを彷彿とさせるJ-POPで攻めてきました。

そして、年末にギリギリでこの曲をドロップ。

クレジットがアガる!!

最近、いっきに寡作になった菊池さんの久しぶりの美メロに、 洗練された少ない音数の音だけで主張した久保こーじさんのアレンジの王道J-POP。

やっぱりこういうのにオチる自分がいます。。。

13位 Summer Madness/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

作詞:STY
作曲:Afrojack、STY


R.Y.U.S.E.Iが冷めやまぬ中、 今年もキラーチューンを持ってきました。

avexがEURO、TRANCE、HOUSEの次になんとか流行らせたいと思っているEDM。

EXILE TRIBE界隈のダンスチューンでもEDMっぽいカンジばかりになってきましたが、 この曲だけきちんとした展開でもってきた一番盛り上がるEDMだなーと思ったのでよく聴いてました。

そう、サビに歌詞なんていらないんですw

それでいいんですw

そして、EDMのノリ方を今ノリにのっているノリノリのこの方たちにパフォーマンスしてもらって、 一般的にさせた功績はやはり大きいかなと。

サビの「全日空」を考慮したダンスは踊りたいですねー。

14位 air summer/GALETTe

作詞:麻倉真琴
作曲・編曲:浅倉大介

air summer/至上の愛(Type-A)

air summer/至上の愛(Type-A)

air summer

air summer

  • GALETTe
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

浅倉大介さんのこれだけのアイドルポップスは木村由姫以来じゃないかなw

サビ後自然に間奏にいくカンジとか、すごいアゲ。

浅倉大介さんにしては珍しい80年代っぽいカンジだなと思ったら、 ロングインタビューで「ディスコ」を意識して作られたとのこと。

GALETTe* 5thシングル「air summer」発売記念 浅倉大介さんインタビュー - YouTube

80年代を意識しながら、サウンドは浅倉さんのキラキラ感は健在で、 やっぱりよく聴いてました。

この曲は、TIFで一回見てるのですが、

GALETTeの中で一番背の高いコのダンスがとても目がいくんですよね。

15位 Butterfly/Rina

作詞・作曲:小室哲哉

Butterfly

Butterfly

Butterfly

Butterfly

  • Rina
  • J-Pop
  • ¥250


TKの曲にしてはかなりマニアックになってしまうであろう(MIYUKIや坂口実央あたりw)

この曲が今年のTKの最高位w

globeが今年20周年で出したRemodeっぽいカンジの音のアプローチで TKの往年の女性vo.っぽいボーカルで聴かせて 「あー、こういうのやっぱりスキなんだよな」ということを再認識された曲。

山梨か長野の湖で撮ったであろうカラオケっぽいカンジの安っぽいPVは必見。

同じカンジで高崎愛梨さんも発売したんですが、 そちらもカラオケ配信していただけるとうれしいです。。

16位 相思相愛☆destination/フェアリーズ

作詞・作曲:伊秩弘将
編曲:佐久間誠

相思相愛☆destination(CD+DVD)

相思相愛☆destination(CD+DVD)


フェアリーズは、 もっとE-girlsのようにスタイリッシュに攻めていくと思いきや、

ここで伊秩さんのdeepsのような下世話ソングをdrop。

だいてーーーーーーー だいてーーーーーー と叫ぶカンジはまさにSPEEDっぽい。

ギュッギュしよ!が入るとまさにdeepsっぽいw

c/wのHoney Vacationもいい曲ですので。

17位 KISS/PASTEL CALLA

作詞:Kaya
作曲:24K
編曲:K-Muto

KISS (DVD付)

KISS (DVD付)


アレンジK-Mutoさんなんだ。

アイドルはアイドルでも、逆にこんなカンジのダンスポップで踊るカンジの方が珍しくなった昨今、 このくらい、クールに踊れる人たちの方がスキなんだなと再確認。

この曲、iTunesにはなくて、わざわざamazonで買いましたw

18位 謎/La Pompon

作詞・作曲:小松未歩
編曲:小澤正澄

謎/ヤダ! 嫌だ! ヤダ!  ~Sweet Teens ver.~【名探偵コナン盤】

謎/ヤダ! 嫌だ! ヤダ! ~Sweet Teens ver.~【名探偵コナン盤】

謎

  • La PomPon
  • J-Pop
  • ¥250


今年、何よりも衝撃的だったのが、 ビーイングからアイドルを後発すぎるカンジで世にでたことですね。

それがLa Pompon。

もちろん、コナンのテーマを担当するわけですが、

小松未歩さんのカバーを持ってきたのは意外でした。

アレンジは小澤正澄さんで、デジタルビートのロックにピアノ・打ち込みシンセを効果的に使うカンジ、 まるでPAMELAHのようです!

両A面の「ヤダ!嫌だ!ヤダ! 〜Sweet Teen ver.〜」は大黒摩季さんのこじらせ歌詞に大島こうすけさんのボンブラ並のサウンドメイクなカンジで

こちらもアゲ。

サントスアンナさんのボーカルで聴きたかったのがホンネw 

大黒さんのこじれ具合をla pomponのピュアな皆さんが ヤダー と歌ってもどうもこじれ具合が隠しきれてなかったようですw 

ちなみにダンス動画がyoutubeにあげられていたけれども、キレッキレでよかったです。

祝! !La PomPon公式 Twitter フォロワー数4000達成!!公約「ヤダ!嫌だ!ヤダ! 〜Sweet Teen ver.〜」レッスン&フリレクチャー動画 - YouTube

19位 命は美しい/乃木坂46

作詞:秋元康
作曲・編曲:佐川弘樹

命は美しい(Type-A)(DVD付)

命は美しい(Type-A)(DVD付)

命は美しい

命は美しい


AKB・乃木坂グループ 最高位は乃木坂でした。

とにかくダンスが美しい。

今年は、ジャズダンスのパフォーマンスを見てから、ジャズダンスに興味があって。 (まぁちょっとジャズダンスやらされたんだけども。

その興味がこの曲にも波及してポイントがあがったカンジ。

それにしても、最近、私の周りではホント乃木坂推しが多いですw

20位 Tell me why 生まれて来た意味を知りたい/Chu-Z

作詞・作曲:つんく
編曲:平田祥一郎

Tell me why 生まれて来た意味を知りたい

Tell me why 生まれて来た意味を知りたい


つんく作品の最高位はハロプロ勢いを抑えてChu-Z。

キッスの世界・椎名法子ワンギャルのようなB級非アップフロントのくくりに入りそうなこの曲、

意外と名曲です。

平田祥一郎さんアレンジにしてはちょっとアナログっぽいかな。

平田さんっぽい4つ打ちダンスビートは基調としながら、 生音っぽいギター・ホーンセクション、いいと思います。

「フー!」の掛け声やサビ前のラップとかはいつものつんくgrooveが生きているし、

歌詞もいろいろあったつんくさんが到達しえた哲学的なことを描きつつスニーカーなどを出して日常も描いた歌詞もいい。

いわゆるつんくプロデュースのクオリティ標準曲がこの曲なんだと思います。

ブログのライナノーツによると

PaniCrewのメンバーのYOHEYさんがつんく♂サウンドの大ファン」

で実現したとか。

この曲を歌うの、Juice=Juiceでもよかったんじゃないかなw

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 30~21位

tsucasa私的年間2015

21位 Candy Color Pop/寿美菜子

作詞:mavie
作曲・編曲:Justin Moretz、江上浩太郎

Candy Color Pop

Candy Color Pop

  • 寿 美菜子
  • アニメ
  • ¥250

Minako Kotobuki - Candy Color Pop (2015) - MusicPlayOn

↑埋め込むと音が鳴っちゃうので

スフィアメンバー寿美菜子さんのソロシングル。

スフィア以外のソロワークは、 こういうダンス曲を出さないカンジなのが不文律だったのですが、

なんと今回はE-girlsっぽい楽曲を持ってきました。

さらに「Candy」「Pop」とダンス的にはいい響きを取り入れたり、 随所の音ハメのためかブレイクが入り、それがいいアクセントになっていて とてもいい曲だなと思います。

22位 Mr. PLAY BOY.../清竜人25

作詞・作曲:清竜人
編曲:橋本由香利

Mr.PLAY BOY…? [完全限定生産盤]

Mr.PLAY BOY…? [完全限定生産盤]

Mr. PLAY BOY...♡

Mr. PLAY BOY...♡

  • 清 竜人25
  • J-Pop
  • ¥250


清竜人さん作品は個人的には「ハマると強い」イメージで、

去年は「The World's End/堀江由衣」ばかり聴いていたんですが、

今年は一夫多妻制ユニットのこの曲。

冒頭のスケベコールからのホーンが効いたドゥーワップジャズでまるでショーを見ているかのよう。

観念せえや! からの展開、ダイスキですw

橋本由香利さんアレンジなんですね。久しぶりに名前を見ました。。。

ライブは@jam expoでも見ましたが、 とてもノレる曲でいいんすが、 ビックリしたのが、 清竜人さん、きちんと踊れるんですねw

その踊れるスタイルも我流で見せちゃうのがアーティストだなとw

23位 君への嘘/VALSHE

作詞:VALSHE
作曲:doriko、minato
編曲:G'n-

君への嘘【初回限定盤】 (DVD付)

君への嘘【初回限定盤】 (DVD付)

君への嘘

君への嘘

  • VALSHE
  • J-Pop
  • ¥250


コナンのエンディングのdorikoさん作曲のバラード。

ちなみにコナンのエンディングでは最長放映期間だったようですw(10年前ぐらいから10話ぐらいでころころ変わってましたが、、、まぁビーイングが出すネタがなかったのが実情かと

名曲じゃないはずがありません。

で、VALSHEさんが女性だということは、

最近知った事実なのは伏せておきたい事実w

c/wはあのTWO-MIXのTRUTHのカバー。 ビーイング所有で音源が欲しかったんすね。。。。

24位 To shine/callme

作詞:callme
作曲:富永美杜
編曲:塚崎陽平

To shine (CD+DVD)

To shine (CD+DVD)

To shine

To shine

  • callme
  • J-Pop
  • ¥250


最初のジャジーなピアノからのエレクトロ系の流れは たしかにドロシーではできなかったことだなーと感じる。

callme、TIFと@jam expoで3回ぐらいステージを見たのにこの曲を1回もやらなかったのが絶許!!!! (逆に3回中漏れなく披露したMy affectionというカマキリ拳法曲はEDMのノリ方を教えてくれた名曲!)

【HD】callme / My affection (2015.04.18 TSUTAYA O-EAST) - YouTube

25位 サマーヌード・アドレセンス/夢みるアドレセンス

作詞:桜井秀俊YO-KINGmeg rock
作曲:桜井秀俊、ミト
編曲:ミト

www.youtube.com

流行語大賞もとった安村さんとコラボしたり、

とにかく明るい安村×夢みるアドレセンス 『サマーヌード・アドレセンス』 - YouTube

次の曲がOKAMOTO'Sの方からの提供だったり

どんどんスターダムの階段を昇りつめている夢アドちゃん。。。

ルックスがきちんとしていて、その中で一人だけ歌のうまいコがいれば、なんでも許されちゃう魔法を持っているのが、

この夢アドだ!

路線は初期の上杉洋史さんが手がけた頃が好きで、 去年とかは25:00に部会しているようなロック調で行ってちょっとなーと思ってたのですが、

ここで、サマーヌードマッシュアップ曲に挑戦しています。

とてもいいと思います。

楽曲に携わっているミトさんの曲なんて、椎名法子さんのドレミファソラシド 以来きちんと聴いたんじゃないかなw

それにしても可鈴ちゃんはこのPVであごがシャープになったというか顔つきが変わったなーと確認。

来年は、 ばんぴーちゃんの二の舞 「きゃんでぃーちゃん」 にならないよう祈っております。。。

(意味不明。ただ、いつかこういう場で言いたかった

26位 オレンジ/7!!

作詞・作曲:MICHIRU
編曲:シライシ紗トリ

オレンジ(期間生産限定盤)(DVD付)

オレンジ(期間生産限定盤)(DVD付)

オレンジ

オレンジ

www.youtube.com

7!!は、2011年・2013年・2014年とバラードが出るたびにひっかかっておりましてw

今年はその出来映えの集大成じゃないかと思えるこの曲をドロップしてくださりました!

間奏からのアウトロにかけての展開は神展開なほど、しっとりしていてとってもいいです。

次のシングル「センチメートル」では

この曲のClassic ver.というオーケストラバージョンが収録。

こちらもしっとりしていてとてもいいです。

そして、この「オレンジ」、 いつも私が定期的に私のオススメ音源を聴かせる旧来の友達に、

これを聴かせたら、 この曲を年間1位にあげてましたw こちらでは26位ですが!

27位 SHINE north/臼澤みさき

作詞・作曲・編曲:佐々木久夫

SHINE north

SHINE north

SHINE north

SHINE north


民謡歌手としてデビューし、誰かさんのバックアップもあってレコ大新人賞を受賞。

そして、同様に誰かさんのバックアップがあった島谷ひとみさんのように、J-POP転向もするとかしないのか、

臼澤みさきさんです。

歌うまいねー。こういうのが売れてほしいんだけれども。

そして、この曲はJ-POP調なわけですが、

WING/小枝 を思い出すんすよねー。

弓原七海「wing」 - YouTube

それだけ心が洗われる曲というか。

後半に出てくるみんなの合唱部分を歌ってくれる方、永久に募集していますw

28位 Pick Me Up/Perfume

作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ

Relax In The City / Pick Me Up (初回盤)(DVD付)

Relax In The City / Pick Me Up (初回盤)(DVD付)

Pick Me Up

Pick Me Up

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250


Perfumeは10年もやってるんですって。あの「アキハバラブ」から10年か。早いものです。

そして、10年やってることがPerfumeとしては基本的に変わらないのもすごいけども、

中田ヤスタカさんの曲としては、変化球が多かった1年かもしれません。

この曲も変化球でしたね。 Perfumeのエレクトロとしてはいままでなかった「EDM」にきちんと昇華しております。

PVのように異次元の世界にとんだイメージを楽曲から想像させることってなかなかできないですよ。。。

29位 冬がくれた予感/BiBi

作詞:畑亜貴
作曲・編曲:佐伯高志

冬がくれた予感

冬がくれた予感

冬がくれた予感

冬がくれた予感

www.youtube.com

紅白にでも出たラブライブですが、 この私的年間でラブライブが初登場したのは、2010年。

なんとラブライブが始動した最初の年w(まだ「ラブライブ!」名義だったとき)

そう、初期はよかったんだけど、アニメ化されたあたりからいっきにひっかからなくなりましてw

そして、来たのがこの曲。

せつないウィンターポップバラードでとてもすんなりと聴けました。

作曲の佐伯さんは「Over The Future/可憐Girl's」を手掛けている人なんだけど、

この曲もそうだけど、サビを2つもってくる展開好きだなぁ。。。。

最後のところの2パート、どちらか歌える方、永久に募集しています!

30位 Green Flash/AKB48

作詞:秋元康
作曲:Carlos K.
編曲:佐々木裕

Green Flash(初回限定盤)(Type A)(DVD付)

Green Flash(初回限定盤)(Type A)(DVD付)

Green Flash

Green Flash


2月か3月に発売される卒業ソング(ただし、決してAKBの代表曲にはならない)リリースがAKBの年間行事にあるわけですが、

今回はヒップホップ調でラップがあるというAKBの中では異端バラードで攻めてきました。

こういう仕掛けがないとAKBはもう聴かないかもしれないかな。。。。

ただ、このラップだとなんかノレない。韻踏むのも中途半端というか。。。

SKEがスチャダラパー呼んだように、feat.でもよかったんじゃないかと思うんだよねー

そういえば、AKBグループにラッパー目指す人っていないよね。。。。

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 40~31位

tsucasa私的年間2015

31位 I Just Wanna Be With You~仮想と真実の狭間で~/Prizmmy☆

作詞:池畑伸人
作曲:小室哲哉
編曲:Shinnosuke

I Just Wanna Be With You ~仮想(ヴァーチャル)と真実(リアル)の狭間で)

I Just Wanna Be With You ~仮想(ヴァーチャル)と真実(リアル)の狭間で)


Prizmmy☆の今年の唯一のシングルはTK書き下ろし曲。 元SOUL'd OUTのShinnosukeさんアレンジTK曲はもしやSweet Licious以来じゃないかな?

Shinnnosukeさんらしい8ビットっぽい音をフィーチャーした

キラキラEDMに仕上がっています。

サビはAAAのTK曲っぽいカンジですねー。

こういう音楽のスタイルが今時のティーンの音楽という感じになっていくのかな。。。

32位 Take me out to the ball game~あの・・一緒に観に行きたいっス。お願いします!~/遊助

作詞:ジャック・ノーワース、遊助、Ailbert Von Tilzer
作曲:遊助、Kota Hashimoto、Ailbert Von Tilzer、ジャック・ノーワース

www.youtube.com

これをもっと早い時期(もっと売れているとき

に出せば

もっと話題になって代表曲になってたんじゃないかと思うぐらいの曲。

楽曲テーマが野球だし、PVに松坂選手出てるしw(日本球界に戻ったからかもだけど

曲調は

去年出したアルバムリード曲「Yellow Bus」(こちらもいい曲 

の流れを汲むカンジかなー

遊助 『Yellow Bus』 - YouTube

野球用語もいっぱい出てきて、最後はラップで野球のポジション説明を「ベンチ」「スタンド」までしてくれますw 親切w

上地さんがダンスしてるのもなんか新鮮。パドブレ踏んでるし。

33位 胸キュン/AOA

作詞:Brave Brothers、Chakun、中村彼方
作曲:Brave Brothers、Mr. Kang、Chakun
編曲:Elephant Kingdom

胸キュン(Sexy ver. -Type A)(初回限定盤)(DVD付)

胸キュン(Sexy ver. -Type A)(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: AOA,brave brothers,HAN SUNG HO,Chakun,Carrie’s M,Star Wars,KANATA NAKAMURA,Yuya Suzuki,Kim Dohoon,LEE SANG HO,Elephant Kingdom
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

胸キュン

胸キュン

  • AOA
  • J-Pop
  • ¥250


ApinkとAOA、いまだに混同しますが、こちらはAOA。 K-POP最高位はAOA。

サウンドはこれこそK-POPのカンジ。

AOAのほうがハードなカンジ。

美脚の少女時代とは違う魅力を感じます。

AOAの皆様、PV頭ラクロス弱くない??中盤は色仕掛けで試合運びするしw

34位 DREAMER/Gero

作詞:Satomi
作曲・編曲:中山聡

DREAMER(TVアニメ(スタミュ)オープニングテーマ)(初回限定盤)

DREAMER(TVアニメ(スタミュ)オープニングテーマ)(初回限定盤)

DREAMER

DREAMER

  • Gero
  • アニメ
  • ¥250


Geroさんってロックを歌うイメージだったから意外や意外。 ロックイメージを一瞬にして覆すダンスポップナンバー。

PVでも踊ってますしw

これは聴いてて明るくなれるんですよね。

作曲の中山聡さんは「あしたの空/SPEED」のアレンジに参加してた方です。

講師紹介|東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 で作曲編曲法を担当されているようですw

35位 僕たちは戦わない/AKB48

作詞:秋元康
作曲:Yo-Hey
編曲:佐々木裕

僕たちは戦わない

僕たちは戦わない


AKBがUZA以上の史上難度のダンス曲ということで

やはりダンスを見てしまいます。踊りをマスターしたくなるような曲ですね。 ダンスはジャズダンスちっくかな?

楽曲的には 「風は吹いている」系の曲を持ってきました。 イントロ、キマグレンみたいですけども。。。

36位 夜空 Feat. ハジ→/miwa

作詞・作曲:miwa、ハジ→
編曲:小高光太郎

夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー(初回生産限定盤)(DVD付)

夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー(初回生産限定盤)(DVD付)

夜空。feat.ハジ→

夜空。feat.ハジ→

www.youtube.com

miwaにしては西野カナっぽいなーと思ったら

ハジ→陣営のサウンドプロデュースなんですね。

アレンジはCeuiさんでおなじみ、小高光太郎さんです。

Cメロがくどいけども、 間奏やアウトロの随所にあるピアノ・ストリングスのリフがとても絶妙だと思います。

ホント、西野カナさん以上に、夜空見上げて「会いたいー」と思わせる曲です。

37位 LUV/Apink

作詞:KABUTA
作曲:S.Tiger、Beom&Nang
編曲:S.Tiger

LUV -Japanese Ver.-(初回生産限定盤A)(DVD付)(グッズ付)

LUV -Japanese Ver.-(初回生産限定盤A)(DVD付)(グッズ付)

LUV

LUV

  • Apink
  • J-Pop
  • ¥250

ApinkとAOA、いまだに混同しますが、こちらはApink。

K-POPでも、しっとりと聴かせるメロでもビートはしっかりノッている。これもまたK-POPっぽい。

Apinkのほうがやわらかですね。KARAとはまた違う魅力があると思います。

韓国人の大学の友達の彼女にK-POPの話をしたら、この曲を口ずさんでいたので、 韓国では有名なのでしょうw

38位 come again/Beat Buddy Boi

作詞:SHUN、m-flo
作曲:m-flo
編曲:TeddyLoid

come again(初回生産限定盤)(DVD付)

come again(初回生産限定盤)(DVD付)

come again

come again

  • Beat Buddy Boi
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

www.youtube.com

Beat Buddy Boiはストリートダンス界ではとても有名で、(ダンスをにわかにかじっている私でもデビュー前に知っていた そしてとても踊りがかっこいいお方なのは存じておりました。

そしたら、メジャーデビューするというので聴いてみたら、 なんとm-floのcome againのマッシュアップ

マッシュアップ・サンプリング好きのtsucasaにとってはとても激ウマな曲なんだけど、 果たしてこの名門ダンスチームBeat Buddy Boiにパフォーマンスさせるべきだったのかなーって小一時間(ry

あと、EXILEみたいにきちんとしたボーカル入れればよかったなーって思うんだよなー。

ちなみに最近リリースされたtravelingも要チェキ。あのtravelingですw

Beat Buddy Boi 『traveling』Music Video - YouTube

39位 FLYING FAFNIR/TRUSTRICK

作詞・作曲:神田沙也加
編曲:Billy

FLYING FAFNIR(Type-B)

FLYING FAFNIR(Type-B)

FLYING FAFNIR

FLYING FAFNIR

  • TRUSTRICK
  • J-Pop
  • ¥250


2005年の「上弦の月/SAYAKA」以来、10年ぶりのランクイン。

神田SAYAKAさんのところのTRUSTRICK。

なんとgarden以来の作曲ですが、 いろいろと紆余曲折を経て、12年前とは違う魅力があって、とてもいいと思います。

普段のTRUSTRICKはこんなにポップじゃないみたいなのが残念ですが、

アニメタイアップぐらいはこういうストレートなJ-POPもいいんじゃないかなと思います。

40位 ShibuyaK/DAOKO

作詞:daoko
作曲:daoko、小島英也
編曲:小島英也

ShibuyaK

ShibuyaK

  • DAOKO
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

でた、都会は嫌いだけど離れられない 都会依存症!!

その都会依存症もとい渋谷依存症の歌詞だから、 曲はもっと渋谷系のおしゃれちっくなサウンドかと思ったら、 オケヒット連発のギロッポンチックな90年代テイストであがったw

RoppongiKでもよかったねw

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 50~41位

tsucasa私的年間2015

41位 ポケット/whiteeeen

作詞・作曲:GReeeeN
編曲:釣俊輔、JIN

ポケット

ポケット

ポケット

ポケット

  • whiteeeen
  • J-Pop
  • ¥250


女版GReeeeNとして、今年デビューした覆面4人組。(Julietの初期みたいな感じ?)

デビューシングルは「愛唄」のカバーでなんら面白みがなかったのですが、

2ndシングルは書き下ろし曲で

GReeeeNっぽさを残しつつも、

シターと「ボクの背中に羽根がある/Kinki Kids」の笛っぽい音が印象的で あたたかな曲でいいなぁと思いました。

ちなみに売り上げは大爆死。。。配信で売れていることを願います。。。

42位 前髪切りすぎた/三戸なつめ

作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ

前髪切りすぎた

前髪切りすぎた

前髪切りすぎた

前髪切りすぎた

  • 三戸 なつめ
  • J-Pop
  • ¥250


中田ヤスタカさんのところから新たなポップアイコンが今年誕生しました。期待。

きゃりーさんのポンポンソングと同様に、前髪を切りすぎたことをただ伝えるだけの歌でインパクトがあり

掴みは抜群でした。

そして、11種類のPVがあったことはこれを聴いて3ヶ月ぐらい後に知りましてw(白菜編しか知らなかった

「ダルマ編」が意味ね〜感じでいちばんスキです。

43位 おしえてブルースカイ/大橋彩香

作詞:畑亜貴
作曲・編曲:藤末樹

おしえてブルースカイ

おしえてブルースカイ


へごちんこと

ラブライブでいう新田恵海さんのところにいるデレステセンターこと

大橋彩香さんが今年デビュー。

1・2枚めはポップロックであまりささらなかったんですが、

三枚目はなんと藤末さん楽曲。

まるで小桃音さんやC級インディーズアイドルの提供曲っぽいポップ感あふれる曲。

Cメロから大サビへの展開のカンジがとてもスキです。

44位 青空の下、キミのとなり/嵐

作詞:wonder note、s-Tnk
作曲:Gigi、wonder note
編曲:metropolitan digital clique

www.youtube.com

嵐お得意の「希望が見えそうな曲」なカンジですね。

そして、去年打ち出したDigitalian的な要素も含めたカンジで音的にも好んで聴いてました。

わたくし、諸事情でサビの最初だけ踊れます。。。

紅白でこの曲がなぜか歌われなかったのは

この曲を歌うところの尺がなぜかスターウォーズの茶番劇にくわれたからでしょう。。。。

45位 未来/メロフロート

作詞:メロフロート
作曲・編曲:YasutoshiT

未来(初回生産限定盤)(DVD付)

未来(初回生産限定盤)(DVD付)

未来

未来

  • メロフロート
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

FUNKY MONKEY BABYSがいなくなった今、そのフォロワーに来るんじゃないかなと思ってる期待の新星・メロフロート。

直球J-POPと名前を打ってるとおり、まさに歌詞もヒップホップよりもギターをフィーチャーさせたサウンドもザ・J-POP。

未来がいまだに不安と思っている自分にとって

結局こういう楽曲に励まされる自分がいます。。。。

46位 スターダストLOVE TRAIN/超特急

作詞・作曲・編曲:小室哲哉

スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン(CD+Blu-ray)

スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン(CD+Blu-ray)

スターダスト LOVE TRAIN

スターダスト LOVE TRAIN

  • 超特急
  • J-Pop
  • ¥250


超新星からの超特急(いいたかった)

TK提供曲。

TKのジャングル曲といえば

WOW WAR TONIGHT/H Jungle with t

Only You/内田有紀

Tears/minako(田中美奈子さんね)

だと思うのですが、

約20年ぶりにジャングル曲が追加されましたね!

TKの「ベガス」「高品質のサービスおもてなし」というこの一見の意味不明フレーズもすごい久しぶりだなーって思いますw

47位 キミを忘れないよ/大原櫻子

作詞:さくらももこ
作曲・編曲:亀田誠治

キミを忘れないよ

キミを忘れないよ


TBSの夏の昼ドラタイアップだったら絶対に売れた曲!

紅白もこっち歌ってくれたらよかったなーって。

48位 Must be now/NMB48

作詞:秋元康
作曲・編曲:Carlos K.

Must be now (限定盤Type-A)

Must be now (限定盤Type-A)

Must be now

Must be now


UZA以降、AKBグループ史上高難度ダンスがどんどんと更新されていくわけですがw

NMBのこの曲もかなり難しいと思います。

山本彩さん多才だなー。 紅白ではギター弾いてたのにこっちではキレッキレ。

渡辺美優紀さんもそうだけど、UZAの時もかなり踊れてたしなー。

あと、昔から推してる梅田彩佳さんも選抜に入っててうれしかったです。

AKBじゃ選抜入れない方だったので。。。。

49位 HOPE/Q'ulle

作詞・作曲:DECO*27
編曲:KTG

HOPE/UNREAL

HOPE/UNREAL

HOPE

HOPE

  • Q'ulle
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

元DANCEROIDで結成された踊れるロックガールユニット

とのことで、 今年はいっぱいシングルとアルバムを出したんじゃないかなというぐらい活躍したQ'ulle。

その中で最新シングルのバラードがランクイン。

サウンドを手掛けるDECO*27さんは

ボカロ曲では個人的にどうもしっくりこなかったんですが、 今回初ビビビときました。

とてもいい曲だと思います!

50位 SHUT YOUR MOUTH!!!!!!/横山ルリカ

作詞・作曲:前山田健一
編曲:Initial Talk

SHUT YOUR MOUTH!!!!!!

SHUT YOUR MOUTH!!!!!!


前山田さん作としては久しぶりのヒット。

こじらせのところでMAXさんに毛ソングを歌わせた頃ぐらいから90年代のオマージュも作れるんだということを知らしめた前山田さんですが、 それがここで遺憾なく発揮されているカンジです。

ただ、どうも 角松敏生さんとこのVOCALANDの誰かに歌わせた方がよかったんじゃないか? と思ってしまうのです。。。

あ、翠玲でも可ですw 

要は庄野賢一さんオマージュでしょう??w

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 60~51位

tsucasa私的年間2015

51位 忘れないPlace/吉田凛音

作詞・作曲:西寺郷太、谷口尚久
編曲:谷口尚久

忘れないPlace

忘れないPlace

  • 吉田凜音
  • J-Pop
  • ¥250


西寺さんのとこの最新兵器、吉田凛音さん。 今年夏にやっと生で見られましたが、歌はうまいですねー。 さすが、歌うま選手権に出るだけあるなー。

第5回アイドルネタ(2014年のアイドル楽曲大賞を考える④-メジャーソロ&インディーズ東京-) - TwitCasting

去年のツイキャスで吉田凛音ちゃんのことを推してます(8分半あたりから)

今は亡きbump.yでできなかったことを吉田さんにすべてを託すんだろうなと。吉田さんは歌い方があんまスキじゃなくてですねー。なんかクセありますね。そこが好き嫌いわかれるかなーって。気にしない自分でも気になるかなーって。

と自分、発言しております。。。。

いやー、自分、何様なんすかねwwww

52位 Never ever/東京女子流

作詞:坂田麻美
作曲:佐川弘樹
編曲:松井寛

Never ever

Never ever

Never ever

Never ever

www.youtube.com

アイドル稼業を卒業した女子流の第一弾シングルは、 オリコン順位戦略に不利な金曜日発売だったりして、ホントにアーティスト戦略に変化を出すんだなと。

さらに、このシングルの1曲目は、Remix。 そのEDM Remixの方がスキです!!

(こっちがoriginal mixだったら私的年間top30にはいってた!)

えばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえばえええええええええええええ 東京女子流 / ダンス&リリックビデオ「Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)」19thシングル 6.24 On Sale - YouTube

やっぱり松井寛さんだと新鮮味がなくて落ちちゃうけど、 今回は、フラメンコ調の変化球なので、聴いてます。。。

作風変えるのも大事ですよーw

53位 流星ドリームライン/プラズマジカ

作詞:瀬名
作曲:RegaSound
編曲:Leda

TVアニメ「SHOW BY ROCK!!」プラズマジカdouble A-side挿入歌 「迷宮DESTINY/流星ドリームライン」

TVアニメ「SHOW BY ROCK!!」プラズマジカdouble A-side挿入歌 「迷宮DESTINY/流星ドリームライン」

流星ドリームライン

流星ドリームライン


SHOW BY ROCK! というサンリオの方のラブライブ的な作品の劇中歌のようです(と私は勝手に解釈)

バンドの設定のようなので、やっぱりロック色強めで、 これ以外にもいろいろと出ているのですが、まったくささらず。

ただ、こちらは星の関する曲だったので、一番聴けました。

54位 アシタノヒカリ/AAA

作詞:日高光啓、溝口貴紀
作曲:丸山真由子
編曲:ats-

アシタノヒカリ(通常盤)

アシタノヒカリ(通常盤)

アシタノヒカリ

アシタノヒカリ

  • AAA
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

7ヶ月連続リリースの第5弾。

なんとAAAは今年8枚もシングルを出したのですが、ここが最高位。

丸山真由子さんのClariSに書きそうな曲をAAAなカンジにしたよという曲。

アレンジats-さんなんだw ats-さん完全に作風変わったなーorz

55位 ガンガン☆ダンス/OS☆U

作詞:M.Koide、I.Y.O
作曲:KENNY a.k.a. 油布賢一、Hidetoshi Kato、HIRO

ガンガン☆ダンス / 君のために…大須 Ver.

ガンガン☆ダンス / 君のために…大須 Ver.

ガンガン☆ダンス

ガンガン☆ダンス


売り上げ水増し装置「ミュージックカード」の売り上げのランキング加算除外がギリギリ免れたために オリコン3位をとったオーエスユーのメジャーデビュー曲。

歌詞が嗚呼アイドル野麦峠物語でちょっと気にかかるんですが、 ただただ、ノレる曲で楽しいですね。

最後の展開の「きゅーん」の後のところがスキです。

56位 ラリルレ/CRAYON POP

作詞・作曲:井上トモノリ
編曲:中野定博

ラリルレ 特別盤(DVD付き)

ラリルレ 特別盤(DVD付き)

ラリルレ

ラリルレ

  • CRAYON POP
  • ポップ
  • ¥250


去年から韓国のガールズグループの上陸がまた盛んになってきていますが、 ポニキャンからはこのグループが上陸したようです。

韓国にしてはほんわか系だなという印象です。

これ、年末に気づいたんですが、日本語書き下ろし曲なんだね。 ラリルレと意味不明な単語だし。PVはカタカナで人文字つくってますけど!

K-POPの日本語版かなと思うぐらいの完成度。

57位 Gardens/川田まみ

作詞:川田まみ
作曲・編曲:高瀬一矢

Gardens TVアニメ(To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd)エンディングテーマ

Gardens TVアニメ(To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd)エンディングテーマ

Gardens

Gardens

www.youtube.com

川田さんのランクインは2005年以来、10年ぶりw(緋色の空 以来w)

川田さんは尾崎武士さん・中沢伴行さんコンビが多い印象で、 高瀬さんの曲とか久しぶりじゃないかな。*1

曲は高瀬さんお得意のやわらかなダンスポップ。 (去年は同系統のStargazer/Larval Stage Planningがランクイン)

やっぱり変わらないって大事。。

58位 唇にBe My Baby/AKB48

作詞:秋元康
作曲:小内喜文
編曲:佐々木裕

唇にBe My Baby Type A 初回限定盤

唇にBe My Baby Type A 初回限定盤

唇にBe My Baby

唇にBe My Baby


「ずっと ずっと」や「重力シンパシー」ぐらいのAKBお得意のギターのハイテンション鳴きが素晴らしい1曲。 メロの展開も 鈴懸なんちゃら っぽいカンジですんなり聴けます。

佐々木裕さんも野中まさ雄一さんっぽいアレンジできるんですねー。

ただ、こういう曲AKBにはたくさんあるから、5年前だったらもっと上位だったなー。

ちなみにカップリングは「365日の紙飛行機」ではなく、「あまのじゃくバッタ」ばっかり聴いてますw

【MV】あまのじゃくバッタ Short ver.[Team8] / AKB48[公式] - YouTube

59位 虹の向こうへ/天月-あまつき-

作詞:天月-あまつき-、タルタノリキ
作曲:タルタノリキ
編曲:佐々木裕

虹の向こうへ/星月夜(初回限定盤)

虹の向こうへ/星月夜(初回限定盤)

虹の向こうへ

虹の向こうへ


今年は歌い手さんのメジャーデビューが多い印象だったんですが、 天月さんは今年より前からCD出してるかw

虹が連想される曲調、ボーカルのはつらつさとポップロックに映えるストリングス・ピアノ群、、、 すごくポジティブになれる元気づけられる曲。

最後のサビのメロが変わるところがスキです。

60位 Sing it Loud/GENERATIONS from EXILE TRIBE

作詞:Amon Hayashi for Digz,Inc.Group
作曲:ZETTON、SHIKATA、ChrisHope、J FAITH
編曲:ZETTON

Sing it Loud (CD+DVD)

Sing it Loud (CD+DVD)

Sing it Loud

Sing it Loud


GENERATIONSはデビュー曲以来きちんと聴いたわw

GENERATIONSはもうデビューから3年なのに、いまだに残る、この「やんちゃ感」がいいかなと思います。

PVでもなんか悪さをしたみたいで、駐車場とか逃げ回ってるしwww

曲調は最近のLDHとかでありがちなEDMですね。。 シンセリフがスキです。

ダンス難しそう。

*1:wikiによると川田のシングル表題曲の作曲を高瀬が手掛けるのは、4枚目のシングル『Get my way!』以来

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 70~61位

tsucasa私的年間2015

61位 アゲアゲ☆クリスマス/7☆3

作詞・作曲:広瀬香美
編曲:NATABA

アゲアゲ☆クリスマス(Type A)

アゲアゲ☆クリスマス(Type A)

アゲアゲ☆クリスマス

アゲアゲ☆クリスマス

  • 7☆3
  • J-Pop
  • ¥200

www.youtube.com

名古屋のアイドル連合軍のスペシャルユニットのシングル。

広瀬香美さんが手がけたシングル、私的年間(2004年スタート)でランクインしてたっけなーと思ったら、 全然なくてw

「桜待ち/未来-MIKU-」「赤い砂漠の伝説/島谷ひとみ」以来12年ぶりの個人的ヒット*1 (の間、上戸彩さんやタイナカサチさんやはるな愛さんとか楽曲提供してるのに・・・)

ワナゲチャラーワナゲチャラーの譜割りが広瀬さんっぽい。 PVはクリスマスソングなのに水着ってオーストラリア風味なんですね。*2 ダブルセンターの赤がトレードマークの二人がカワイイ。

62位 HELLO AGAIN/MYNAME

作詞・作曲・編曲:STY

HELLO AGAIN 【初回盤】(CD+DVD 2枚組)

HELLO AGAIN 【初回盤】(CD+DVD 2枚組)

HELLO AGAIN

HELLO AGAIN

  • MYNAME
  • J-Pop
  • ¥250


Aメロ、まんま「R.Y.U.S.E.I」ですよね????

(同じSTYさんだからいいんだけれども。。。)

(そこがよかった)

63位 コメットルシファー~The Seed and the Sower~/fhana

作詞:林英樹
作曲:佐藤純
編曲:fhana

コメットルシファー ~The Seed and the Sower~

コメットルシファー ~The Seed and the Sower~

  • fhana
  • アニメ
  • ¥250


SEKAI NO OWARIの女性vo.版がfhana

という個人的認識なんですが、

今年もそれを輪にかけて、セカオワ的攻め方で来ました。

シングルたちはtop30に入るのがせいぜいだったのに、

5枚のシングルを貯めて出した1stアルバムはtop10入り

という90年代の後半によくあったアルバムの出し方とスマッシュヒットしたカンジはあがったw

ちなみに、今年の1stアルバムのタイトル曲の方が名曲。

fhána「Outside of Melancholy 〜憂鬱の向こう側〜」MUSIC VIDEO - YouTube

それにしてもボーカルがいつもうまいなーと思うんですよー。これぞハイトーン。

コメットルシファーのこと、何も言ってませんが、こちらもいい曲ですね。 早春の芽吹くイメージのカンジがよく出てます(秋リリースだけどw。。。)

64位 I wish~tri. Version~/AiM

作詞:三浦徳子
作曲:白川善久
編曲:松浦雄太

I wish~tri.Version~

I wish~tri.Version~

www.youtube.com

www.youtube.com

AiM独自名義のシングル発売としては なんと2003年の「Resolution」以来というAiMさんの12年ぶりのシングル(独自名義だとたぶん12年ぶり)

I wishは個人的にはどうもkeep onとかにかき消されてしまっていたイメージで聴いてなかったのですが、

エレクトロにリアレンジされたこのシングルを聴いて、いいなーと思った。

Butterflyもbrave heartもリアレンジされてたけど、これには及ばなかったので。。。

65位 I am Just Feeling Alive/UMI☆KUUN

作詞:UMI☆KUUN
作曲・編曲:徳永暁人

I am Just Feeling Alive(初回限定盤 CD+DVD)

I am Just Feeling Alive(初回限定盤 CD+DVD)

I am Just Feeling Alive

I am Just Feeling Alive

  • UMI☆KUUN
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

まさかのビーイングで、しかも作曲が徳永さんで吹いた。 よくよく聴いてみたら、倉木麻衣さんのベストオブヒーローっぽいカンジの曲。

サビ前の「そうだろ!」とか

サビの「I am Just Feeling Alive~」とか

Cメロのところのメロの運びとかは 往年のビーイング臭がしてとても聴いてて心地よいです。

残念なのが、今風のアレンジ(EDMっぽいカンジ)を意識しているカンジかなー。。。 もっとビーイングっぽく仕上げたらよかったのになーといつも聴くたびに思う。

66位 MONSTER GENERATION/IDOLiSH7

作詞:真崎エリカ
作曲・編曲:kz

MONSTER GENERATiON

MONSTER GENERATiON

  • IDOLiSH7
  • アニメ
  • ¥250

www.youtube.com

男性声優は最近はアニメ主題歌だしてもロック調が多く、 今年はここのランクイン少なめなのですが、 年末に出たこの曲がランクイン。

kzさん作ながら、デジタル臭はそこそこ抑えて、 J-POP臭を押し出した作品。(といってもkzさんのエレクトロ風味は損なわずこれが絶妙)

サビの後に間奏とか入ればおもしろかったかなーと。

ワンツースリー

ちなみにこの曲のc/wは渡辺未来さんが手がけてたはず。

67位 はじまりは隣の席でした/にゅるズ

作詞:丸山真由子
作曲:柴田尚
編曲:清水武仁

はじまりは隣の席でした

はじまりは隣の席でした

www.youtube.com

HΛLの清水さんがアレンジなので、どうしてもHΛL臭(ロック版)がしてそれがとても心地よい作品。

振付はこれ、ラブライブにやらせた方がいいと思うんd

68位 Zutto.../浜崎あゆみ

作詞:浜崎あゆみ
作曲:多胡邦夫
編曲:中野雄太

Zutto... / Last minute / Walk

Zutto... / Last minute / Walk

Zutto...

Zutto...

www.youtube.com

多胡邦夫さん作のいつも通りクオリティの高いバラード。 SAKURAっぽいかなー。

一応バラードトリプルA面だったのですが、湯汲さんのロックバラードもよかったし、TKのバラードもクオリティ高く、 平均点が高いシングルでした。。。

69位 Aviator/Especia

作詞:mirco、ポウル守屋
作曲・編曲:Schetin&Longer

Aviator/Boogie Aroma(Espacio盤/初回盤)

Aviator/Boogie Aroma(Espacio盤/初回盤)

Aviator

Aviator

  • Especia
  • J-Pop
  • ¥250


Especiaを聴いてると、バブル期の深夜放送のCMを思い出すんだよねー。

カメリヤダイヤモンド的なw

たぶんクリエイター的にもそれを狙ってるんでしょうけどもw

そして、今回はEspeciaお得意の王道ファンク・フュージョンなカンジで攻めてきて、いいカンジでした。

70位 DREAMS, Count down!/スフィア

作詞:畑亜貴
作曲・編曲:Kon-K

DREAMS, Count down!(初回生産限定盤A)(DVD付)

DREAMS, Count down!(初回生産限定盤A)(DVD付)

DREAMS, Count down!

DREAMS, Count down!

  • スフィア
  • アニメ
  • ¥250

Sphere - Dreams, Count Down! (2015) - MusicPlayOn (埋め込みにすると音が鳴っちゃうので。。。)

スフィアはダンスポップがスキで今回は珍しくファンキーなカンジでもってきて、逆に新鮮でした。

そして、みんなで踊ろう的な要素も入って楽しくさせてくれるので。

もっと高い位置に行ってもよかったのですが、同時期に発売されたメンバーのソロ曲と票割れしてしまい、この位置。。。 (なんの曲かはお楽しみ。。。)

*1:どっちも2003年。。。

*2:花火も出てくるってことは夏にとっただけじゃねーか的な

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 80~71位

tsucasa私的年間2015

71位 ホログラム/MINMI

作詞・作曲:MINMI
編曲:MINMI、nameless a.k.a N.L、橘井健一

ホログラム(初回限定盤)(DVD付)

ホログラム(初回限定盤)(DVD付)

ホログラム

ホログラム

www.youtube.com

MINMI meets EDM 的なカンジ。

きちんとビルドアップがあったり、 ドロップでも変化球をせめてきたり、 (ビルドアップ・ドロップはEDM用語だよ)

案外きちんとしているEDMでも聴けるし、ソカでも聴ける。

これ、「音楽の日」で歌ったんだw

あんまり売れてないんだけどもwwww

MINMIさんがハローキティでおなじみの山口裕子さんにしか見えないのは、 私の近視のせいでしょうか。。。

72位 青春小僧が泣いている/モーニング娘。'15

作詞・作曲:つんく
編曲:大久保薫


工藤遥さん、宮本佳林さんにクリソツになってきたなーと思ったら本人だった!!!!

(なんでそうなったかはwikiをみてね 

青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ - Wikipedia

我が世誰ぞ常ならむ。。。。

73位 ひだまりデイズ/妹S

作詞:真理絵
作曲・編曲:MANYO

「ひだまりデイズ」TVアニメ『干物妹!うまるちゃん』エンディングテーマ

「ひだまりデイズ」TVアニメ『干物妹!うまるちゃん』エンディングテーマ

  • アーティスト: 妹S(シスターズ),土間うまる(CV:田中あいみ),海老名菜々(CV:影山灯),本場切絵(CV:白石晴香),橘・シルフィンフォード(CV:古川由利奈)
  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

ひだまりデイズ

ひだまりデイズ

  • 妹S
  • アニメ
  • ¥250


妹Sと書いてシスターズと読みます。

そういえば、女友達が うまるちゃんのでっかいストラップつけてたなー。 そのとき、この歌とうまるちゃんが結びつかなかったんだよな。。。

74位 YOU-kIのパレード/X21

作詞:森雪之丞
作曲:桑谷実沙
編曲:ats-

YOU-kIのパレード(CD+DVD)

YOU-kIのパレード(CD+DVD)

YOU-kIのパレード

YOU-kIのパレード

  • X21
  • J-Pop
  • ¥250


アレンジが惜しい!

イントロのシンセ100点。 リズム隊3点。

ats-さんが10年前にこの曲をアレンジしてたら、

リズム隊をこういうアレンジはせずに、

「ミエナイツバサ2号」

になってたはずなんだけどなー。(遠い目

75位 幻想恋花火/妄想キャリブレーション

作詞:利根川貴之
作曲:Dr.Usui
編曲:Dr.Usui、Wicky.Recordings

幻想恋花火 [CD+DVD] 初回限定生産Type-A

幻想恋花火 [CD+DVD] 初回限定生産Type-A

幻想恋花火

幻想恋花火


花火ソングは毎年何かしらランクインする傾向にあるのですが、

今回はこの曲。

でんぱ組より聴いてしまう妄想キャリブレーションです。

最後サビ前の「ねぇ私がわかる?」のところがいいですよねー。ケチャしたい。

妄キャリは、日テレの配信で行われた方の24時間テレビの早朝ライブの動画をいつも見ちゃうわけですが、 妄想キャリブレーション - アイドル&オタクの 早朝爆裂マジライブ! 150920 - YouTube (辻岡アナがタイヘンになってます)

楽曲派としては現場は見れないかなー(汗

76位 ただ、あなたのそばで/上野優華

作詞・作曲:遠藤直弥
編曲:池田大介

ただ、あなたのそばで/あたたかい場所(初回限定盤)(DVD付)

ただ、あなたのそばで/あたたかい場所(初回限定盤)(DVD付)

ただ、あなたのそばで

ただ、あなたのそばで

  • 上野優華
  • J-Pop
  • ¥250


上野優華さんは今年も裏切りませんでした。 池田大介さんGJな楽曲です。

夏に @jam expoの前座出演権をかけたイベントに参加していたのですが、 敗退してすごく残念。。。

77位 シンギュラリティ/いとうかなこ

作詞・作曲:志倉千代丸
編曲: 悠木真一

シンギュラリティ

シンギュラリティ


2013年以来2年ぶりのランクイン。いとうかなこさんです。

5pb界隈はあまり今回はヒットするものがなかったのでこの曲ぐらいでしょうか。。。。 彩音さんっぽい4つ打ちスリリングナンバーですんなり聴けました。

78位 夢を見れば傷つくこともある/Kinki Kids

作詞:秋元康
作曲:伊秩弘将
編曲:家原正樹

www.youtube.com

伊秩さん楽曲でもガーデンズみたいな風味の曲。

動画のFNS歌謡祭は、この曲のほかにSNOW! SNOW! SNOW!もやったということは、 伊秩祭りだったんですねw

79位 モンスター・ハイ feat. Chu-Z KAEDE/amorecarina

作詞:MEG.ME
作曲:マテル

モンスター・ハイ

モンスター・ハイ

モンスター・ハイ (feat. Chu-Z KAEDE)

モンスター・ハイ (feat. Chu-Z KAEDE)

  • amorecarina Feat. Chu-Z KAEDE
  • アニメ
  • ¥250

www.youtube.com

「活動的で都会的なおしゃれな女の子」、「学校の中で1 番かわいい女の子」をコンセプトに日本全国から集められた小中学生ガールズユニット ということで王道なカンジでいくかと思いきや、 アイドルポップスにしてはあまりにもノレないカンジの曲。

タイアップの関係で モンスターだから、 スリラー的なカンジを持ってきたく、 どこかのカバーを持ってきたのでしょう。。。

こういうカンジでもってきちゃうと、 「活動的で都会的なおしゃれな小中学生はちょっと大人に背伸びしてしまうのよ!」的な

ピチレモンイメージ」(勝手にそう呼んでる)

がつくのもなんだかなぁと思うのです。

このおはスタの動画を見ると、山寺さんすらノリにくく困ってるご様子。

といいながら、イベントの動画を多数見たら、王道のアイドルポップスもきちんと歌っているご様子。 ということで、来年に期待(あるのか)

80位 ぷりずむコミュニケート/金元寿子東山奈央種田梨沙

作詞・作曲・編曲:山田高弘

ぷりずむコミュニケート

ぷりずむコミュニケート

www.youtube.com

これといった特質的なものはない打ち込み系のアニメポップスですが、 なぜか聴いてしまうのでこの位置。

山田高弘さん作曲はラブライブの1stの時以来か。きちんと作家として追いたい。