読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsucasaがJ-POPを真剣に考える日記

6年前ぐらいまできちんとやっていたJ-POPレビューとかまたここでできたらと思っています。1995年頃以降の打ち込みのトラックが入っているJ-POPならアニメ・男性女性アイドル・K-POP日本語までなんでも聴きます。

tsucasa私的年間J-POPランキング2015 TOP5

tsucasa私的年間2015

1ヶ月半かけてやっと完結!!!(5年ぶりに完結!

1位 COSMOsSPLASH/ミライスカート

COSMOsSPLASH(Type-A)

COSMOsSPLASH(Type-A)

作詞:泉健一
作曲:藤崎荘二
編曲:山崎佳祐

COSMOsSPLASH(Type-A)

COSMOsSPLASH(Type-A)

COSMOsSPLASH

COSMOsSPLASH

  • ミライスカート
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com


今年、最もハマったアーティストはミライスカートじゃなかろうか。

一応メジャー1stシングル(流通としては2nd)です。

楽曲はJ-POPの美メロにEDM寄りのテクノポップ

これこそ日本色が色濃く出ている京都から放ついまのJ-POPだなと確信。

公式ページなどで書かれているこの曲に関するagehaspringsのコメントはトマパイ並の本気度を感じさせました。

間奏・後奏のシンセのカンジ、この高揚感が非常にスキです。

そしてミライスカートとかけてミライスタートだという歌詞。

そう、このグループもまだ始まったばかり。

日本が誇る京都からスターがもう少しで生まれそうな気がします。

2位 Sakura/嵐

作詞・作曲:eltvo
編曲:佐々木博史

Sakura 【初回限定盤】(DVD付)

Sakura 【初回限定盤】(DVD付)

www.dailymotion.com

とある事情から、

今年、嵐のこの曲、

2番のAメロ・Bメロ以外は人様の前で踊って(アウトロも含む)、

ムダに踊れてしまうのですが、

そういう踊れる曲に限って嵐のメジャー曲にならなそうで、、、、、 (だって桜ソング「サクラ咲ケ」があるし。。。)

それが今年一番残念だったことw

歌番組の披露も

嵐にしやがれ」と「Mステ」2回(そのうちフルコーラス1回)

しかなかったし、

ドラマ主題歌といっても本人メンバーのドラマではないし、

桜ソングといっても桜要素が全くない歌詞だし、

しかもJ-POPの多用する言葉がありすぎて非常に覚えにくい歌詞だし(口パクステージ経験者談)、

と思ったら、紅白では絶対歌われないだろうなぁと見てたら、 スターウォーズとの戯れの後に、意外にも歌われて、 うれしかったものですが、

やはり、それ以降はコンサートで歌われるかも微妙な位置にありそうなこの曲です。

楽曲としては「truth」とか「Breathless」のようなスリリングヒヤヒヤ路線で、 無難といえる作りといえば無難。

フリの難しさといったら、2番サビ後の手の順番ね。 あれはダンス披露当日まで順序確認してたわwwww

ちなみに、たぶんダンスがなかったらこの曲、私的年間TOP100にかするかかすらないかの位置でしたw

これも縁ですねw

3位 ナモナイオト/ミライスカート

作詞:美音子
作曲:田中類
編曲:山崎佳祐

ナモナイオト Type-A ミライスカートver.

ナモナイオト Type-A ミライスカートver.

ナモナイオト

ナモナイオト

  • ミライスカート
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com


ファースト流通シングルの方がハンナリ感が出ているカンジなのは、

少しずつ音を足していってサビに盛り上がりを持っていく

この緻密なサウンドメイクだと思います。

この曲を聴いた衝撃、「旅立ちトランスファー/Tomato n' Pine」(2011年私的年間1位)以来の感覚でした。

握手会、5ショットチェキ会の時に、メンバーとナモナイオトを踊る約束をしてしまったので、

ライブ画像を見ながら、ずっとフリ覚えをしてたので、案外踊れますw

4位 Thank You For The Music/ラストヒロイン

作詞:田中秀典
作曲:玉井健二田中秀典
編曲:玉井健二、釣俊輔

Thank You For The Music(初回生産限定盤)(DVD付)

Thank You For The Music(初回生産限定盤)(DVD付)

Thank You For The Music

Thank You For The Music

  • ラストヒロイン(中山来未)
  • J-Pop
  • ¥250

www.youtube.com

www.youtube.com

今年はなんやかんやでageha勢が強かった!

これもagehaspringsです。

東海テレビ制作のオーディションリアリティー番組「ザ・ラストヒロイン~ワルキューレ­の審判~」から生まれたこの企画。

歌・ダンス・演技もできる新たなスター発掘ということで、すごく厳しい番組ということでyahooトピックスで紹介されていて、

調べたらyoutubeで動画があげられてて。

ASAYAN並のスリリングさがあり、 結局全編見たというw

とくに、ダンスの授業がすごく参考になって。

ダンスの先生はD&DやMAXのSeventiesやshelaの19REDを振り付けた(個人的にアゲ)RYONRYON先生なんだけども、

「踊れてることを見せられてもそれは違うから」とか

「何かを見ている人にアピールしている意識があるの?」とか

「覚えてるときにダメだと思ってもダラッとした態度を出さない」とか

すごい参考になりました。。。

そこでいつも光っていた中山来未さんがグランプリをとったわけなんだけど。

ルックス的には準グランプリ格の矢田さんなのかなー

このCDシングルは結局300枚しか売れてなくて激萎えしましたけど、

PVがクソなんだよねー。

PVのCGが、傘がまるで「みすず学苑のプリン」のように降ってくる という意味不明な展開w

ということでPVよりも最終オーディションのミュージカルの最後で流れたversionが断然良いのでw そちらをここでは紹介しておきますw

5位 TERRITORY/荒川美穂、生田善子、山根希美

作詞:はいのことん
作曲:八王子P
編曲:DJ'TEKINA//SOMETHING

TVアニメ「 ユリ熊嵐 」エンディングテーマ「 TERRITORY 」

TVアニメ「 ユリ熊嵐 」エンディングテーマ「 TERRITORY 」

TERRITORY

TERRITORY

  • 百合城銀子(CV:荒川美穂)・百合ヶ咲るる(CV:生田善子)・椿輝紅羽(CV:山根希美)
  • アニメ
  • ¥250

www.youtube.com

www.youtube.com

今回はアニメ勢も強かったですが、アニメ1位はこの曲。

八王子Pのテクノポップなんだけども、アレンジは6位のStarsも手掛けた「DJ'TEKINA//SOMETHING

今年はDJ'TEKINA//SOMETHINGさんに編曲賞を与えたいくらいよかったw

動画調べたら、黒いクマが3匹踊ってるエンディングですが、踊ってみたい!!

ときどきムリなフリあるけど、それくらいいいw